2008年12月26日金曜日

大阪ダルククリスマス会開催

12月23日、恒例のクリスマス会が総勢約50名が参加し開かれました。

大阪ダルクの人たち、京都ダルク、三重ダルクの人たち、自助グループのなかま、支援者が集まり、スペースが一杯になるほどでした。 12時に‘メリークリスマス’の声と共にクラッカーの音が響き、賑やかに始まりました。 ダルクの人たち、スタッフが協力して手作りのケーキ、料理が用意されました。美味しそうに食べているみんなを見ていると、嬉しくなりました。 ビンゴ大会、大阪ダルク流行りの大富豪(トランプ)など、あっという間に楽しい時間が流れて行きました。


年末は自分たちにとって、寂しくなったり、欲求が出たりする時期です。その時間をしらふで楽しむことで、今日もみんなと共に一日が過ぎて行きます。 今年も残り少なくなりました。一年間、ご支援、ご協力ありがとうございました。 寒くなり、風邪などが流行っています。お身体に気をつけて…。

感謝。 

2008年11月30日日曜日

琵琶湖ダルク、京都ダルクフォーラムに参加

 11月29日、琵琶湖ダルク6周年フォーラム、京都ダルク5周年フォーラムに参加して来ました。
当日は、久々の快晴で琵琶湖では、会場近くの公園の美しい紅葉も観ることが出来、雲もゆったりと流れ、そんな自然の偉大さに触れ、「あせらずにやろう」と云うスローガンが浮んできました。
 静岡、山梨、富山ダルク各施設長の講話は、正直さ、弱さ、かっこ悪さを勇気を持って話している姿に、勇気を貰いました。琵琶湖ダルク施設長、猪瀬氏、三重ダルク施設長、市川氏を中心とした仲間の  バンド演奏には、いつも感心させてもらえます。                                                                            
 会場内では、いつも大阪ダルクに来て頂いている茶道の大塚先生とも逢え、仲間が緊張しながら入れてくれた抹茶、御菓子を美味しく頂きました。
 
 京都ダルク5周年フォーラムでは、男性のなかま、女性のなかまが参加し、会場は大勢の方で一杯の状態で、日頃の京都ダルク施設長、加藤氏始めスタッフの方、仲間の努力を感じさせて貰えました。
 ダルク創設者の近藤氏の講話は、いつもユーモアを交えながら、ダルクの進む道を先導役として、尽力されている姿に、続けることの大変さ、素晴らしさを改めて、教えて頂けました。
 フォーラム後の食事会は仲間もたくさん食べて、満足して大阪ダルクに無事、戻る事が出来ました。
各地のフォーラムに参加することで、新しい出逢い、「I can‘t we can」、笑い、を体験でき、薬なしで新しい生きていく勇気を分かち合うことが出来ました。   感謝、、、。

2008年11月9日日曜日

15周年フォーラム盛況に開催

 11月8日(土)日本基督教団 東梅田教会にて、大阪ダルク15周年フォーラムが開催されました。
当日は、支援者の方、家族の方、各地方のダルクのなかま、相談の電話を頂いた方、など大勢の
大阪ダルクを応援して頂いている人たちの想いに包まれ、アットホームな時間を過ごすことができました。
 創設者の倉田めばの人柄を現わす、温かい自由な大阪ダルクの雰囲気を味わって頂けたと想います。
 倉田めば 倉田ちえはじめ、スタッフ一同、改めてダルクの必要性、続けることの素晴らしさ、皆さまの愛に支えられていることを感じることが出来ました。本当にありがとうございました。
 ダルクの活動は今日だけ続いて行きます。
 これからも、心を大切に、笑いのある大阪ダルクで有りたいと願っています。
 

2008年10月31日金曜日

大阪DARC15周年フォーラム

1993年に大阪ダルクは、大阪市住吉区に開設されました。 以来、高槻に移り、また現在の大阪ダルクへ移転、さまざまな変化を遂げながらも、薬物依存症に苦しむ人たちのサポートの中心的な施設として機能してきました。
そして15周年を無事に迎えることが出来たのは、多くの皆さんの支えがあり、協力があったからに他なりません。 感謝を添えて記念フォーラムを開催します。

詳細は、大阪ダルクまでお問い合わせください。