2010年2月28日日曜日

津波

 ハイチ、チリと大地震が続いている。
太平洋の遥か彼方から、日本沿岸に津波が押し寄せている。
ニュースは一日、津波情報、、、。
 大阪は急にあったかくなった。この時期、薬中は活動を始める。
毎年のことながら、ダルクに新しく来る人。戻って来る人。
去って行く人。捕まる人。天に召されるなかま、、、。合掌。
 季節の変わり目には風が吹く。波が起こる。
どの風、どの波を感じ、受け止めるか?自分達には能力がない。
なかまの姿を通して、教えてもらう。
 せっかちな自分は今まで、風、波を見逃してきた。
目先のことに囚われ、与えられた機会に気づかなかった。
最近の自分も周りで起こる出来事に振り回され、余裕がない。
 そんな時、海外のなかまから国際電話が入る。
矯正施設のなかまから、手紙が届く。先日は同じ日に3通、届いた。
自分は返事が書けていない。

 なかまの言葉「囚われるより拘って、サクサクと生きよう。」

 明日は中学校の講演が入っている。午後からは利用者の買い物。
忙しくなりそうやけど、サクサクと生きよう。
20℃になるらしい。ダルクの傍の桜の蕾は柔らかくなり始めている。

2010年2月16日火曜日

ちゃっぷぃちゃっぷぃ!!

 あったかくなったり寒くなったり、今年の冬は気まぐれです。
毎朝、天気予報とにらめっこ。天気も今日だけです。^^
 バンクーバーオリンピックが始まりました。
女子モーグルには感動しました。ベストを尽した涙は美しい。
悔しさをバネに出来る強さは自分を信じ、人への感謝から
生まれるのでしょうか、、、。素晴らしい。

 今日は学校講演で大阪府立和泉総合高校に伺いました。
30年前に自分がクスリを買っていた駅です。ダルクに通勤途中に
通る駅ですが、久々に下りました。
 体育館に行くと、寒い中500人余りの生徒さんが静かに座っています。
校長先生に「笠嶋先生」って紹介はいい話しをしたくなるので止めて下さい
と伝えると「笠嶋さん」と呼んでくれました。無理言いました。
 驚くくらい静かに眠る人も少なく、聞いてくれました。
今日も、理解してもらうのではなく、伝えられる体験を話しました。
質問も沢山、戴いていました。みんなが笑顔で見送ってくれました。

 帰りには10人くらいの生徒さんが待っていて、握手し、
一緒に電車に乗り、話しをしながら時を過ごしました。
嬉しかったなぁー^^。堺出身っていうのが親近感を感じてくれたのかな。
共有できる時間をありがとうございました。
電車でまた、逢えることを楽しみにしている自分です。

2010年2月4日木曜日

立春

 今日は立春ですね。
晴れてるけど、風が強く寒いです。><。
 昨日は節 分。ダルクの昼食はみんなで鰯を食べました。
 「福は内、福は内」

 先日、講演に伺った長田高校の先生から嬉しいメールがありました。
学年新聞にブログを掲載してくれるとのこと。
 役に立てれば幸いです^^。

 今回はファイザープロジェクト会に参加戴いている河本さまのブログです。

 みなさん、はじめまして。「いちげん屋」会に通っている河本です。
仕事は、救護施設、ホームレス状態になった方たちがまた地域へ
戻っていく為のお手伝いをしている施設と説明したほうが
わかりやすいでしょうか、で支援員をしています。
 もう、1年半くらい前、仕事で出会う薬物依存症の方のことを相談したら、
「ダルクと弁護士の集まりに来てください」とメールが届き、
よくわからないまま、顔をだしたのが始まりです。
 はじめのうちは、話されている内容もはじめて聞く司法関係のこと
ばかりで、理解するのが精一杯・・という感じでした。

 私が、ここに来ていていいのだろうかとなんか場違いな感じも
持ちつつ、仕事の上で対応に悩んだりすることも多かったので、
学ぼうと思って通っていました。
 そのうち、いちげん屋会後の二次会や帰り道々にダルクの方々と
話しをするようになり、変わってきたのは、「自分がどう対応するか
を学ぶ」でなくて、ああ、こんな風に考えたり、感じたり、悩んだりしている
のかってことを自分自身が感じるようになってきたことかなと思います。
 時には、「被害妄想的になってるねん」とか「すぐに結果がでるものを
欲しがるから」とか、自分を客観的に話される姿に親しみを感じたり、
子どもの頃に持っていた周りとの違和感、そんな話しも時々出てきます。
 自分もたまたまクスリを使っていなかっただけで、同じところに立っている、
そんな感覚が生まれてきて、楽しい時間を過ごせるようになりました。
そこは自分にとっても安心できる場所になっているのかなと、この頃
思います。
 いろんな周りの人びとに支えられ、今があります。感謝。

                                河本 朱美

 ダルク、フリーダムの活動はいろいろな方との出逢い、支えで
今日も続いています。ありがとうございます。